3,240円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ホーム > シングルオリジンセレクション > マンデリン リントン 200g(豆) × 1個

カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です。

ご注文・メールでのお問い合わせはお休み中でも24時間受け付けておりますが、ご注文確認メールの返信、商品の発送は翌営業日以降となります。


  • コーヒーをもっとおいしく
  • コーヒーのいれかた動画集
マンデリン リントン 200g(豆) × 1個
  • 限定品

マンデリン リントン 200g(豆) × 1個

商品名 マンデリン リントン 200g(豆) × 1個
商品コード SOC04MIL
販売価格(税込) 2,157
在庫
関連カテゴリ:
シングルオリジンセレクション
数量:


商品情報

  • 生豆生産国
  • インドネシア
  • 状態
  • 豆タイプ
  • 煎り方
  • やや深煎り
  • 内容量
  • 200g × 1個
  • 保存方法
  • 高温多湿をさけて保存し、開封後はお早めにご賞味ください。
  • 賞味期間
  • 製造日から6ヵ月

フレーバー

  • 香り/フレーバー
  • スパイシー、ハーブ、レーズン、
    シトラス、ブラウンシュガー
  • 味わいの特徴
  • 特有のスパイシーな香りと
    ハーブを思わせる爽やかな風味。
    バターのような濃厚で滑らかな口当り。
  • アフターテイスト
  • ブラウンシュガー(糖蜜)のような甘い余韻。

SCAA/Coffee Taster's
Flavor Wheel

拡大して表示(PDF)



農園情報

農園情報 農園情報
農園情報 農園情報
マンデリン リントン

北スマトラ州の州都メダン近郊にあるトバ湖は世界最大級のカルデラ湖であり、「東洋のスイス」と呼ばれる国内でも屈指の美しい景観を有し、避暑地や観光スポットとして人々に愛されています。

このトバ湖周辺地域は、肥沃な火山性土壌であることに加え標高が高く、昼夜の寒暖差が大きいため優れたコーヒー生産地として世界的に有名です。特にトバ湖南側のエリアはリントン地区と呼ばれ、この地区に住んでいた民族の名前”マンダイリン族”にちなんでマンデリンと呼ばれるようになったと伝えられているなど、コーヒー栽培の歴史が古いエリアの一つです。


調達担当者 現地レポート

調達担当者 現地レポート

インドネシア第4の都市と言われるメダン。スマトラ島北東の空の玄関口でもあります。そんなメダンから車で6時間ほど南へ揺られ、標高1,300mほどの場所にリントン地区はあります。

どんな植物を植えてもすぐに生えるのではないかと植生の豊かさがあるリントン地区。パサール(市場)に行けば様々なフルーツが「これでもかっ!」というほど売られております。そんな場所でこのコーヒーは育まれています。

このコーヒーは所謂農園指定のコーヒーではありません。何十、何百といった小農家の方々に生産いただいたコーヒーから、キーコーヒーの味わいに合うよう、現地のカップテスターと一緒になって様々なロットをブレンドしながらこの味わいを作り上げました。

日本の果物で言えば、ハッサクのような柑橘系の酸味、ややスパイシーで独特で複雑な香り、ミルクやバターのような滑らかな口当たり、それらは様々な生産者の方々に生産いただいたコーヒーの良いところ取りをした言わば“結晶”のようなものと思っております。




この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。