お届け先1箇所につき、3,780円(税込)以上のお買い上げで配送料無料!(沖縄・一部離島を除く)

ホーム > シングルオリジンセレクション > ブルンジ ムブガ・ウォッシングステーション 200g(豆) × 1個
トアルコ トラジャ
シングルオリジン
セレクション
氷温熟成珈琲
有機栽培珈琲
レギュラーコーヒー(豆)
レギュラーコーヒー(粉)
illy レギュラーコーヒー
illy カプセルコーヒー
簡易抽出コーヒー
インスタントコーヒー
アイスコーヒー
KEY   紅茶
リキッドティー
リプトン製品
リキッドコーヒー・ティー
ジュース・その他
カレー・ハッシュドビーフ
パスタ・パスタソース
ドレッシング
スープ・シチュー
フルーツソース・ジャム
スイーツ
全て見る
レギュラーコーヒーギフト
ドリップオンギフト
キーコーヒー&リプトン
コラボギフト
その他ギフト
砂糖・ミルク
キーコーヒーオリジナル
コーヒー器具「Noi」
ペーパードリップ器具
サイフォン
フレンチプレス
コーヒーミル
ケトル・ポット
アイスコーヒー用
その他コーヒー用品
コーヒーマシン
直火式エスプレッソ器具
illyエスプレッソマシン
バリスタの道具
紅茶用器具
キーコーヒー関連グッズ
illy関連グッズ
illyアートコレクション

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です。

ご注文・メールでのお問い合わせはお休み中でも24時間受け付けておりますが、ご注文確認メールの返信、商品の発送は翌営業日以降となります。


  • コーヒーをもっとおいしく
  • コーヒーのいれかた動画集
ブルンジ ムブガ・ウォッシングステーション 200g(豆) × 1個

ブルンジ ムブガ・ウォッシングステーション 200g(豆) × 1個

商品名 ブルンジ ムブガ・ウォッシングステーション 200g(豆) × 1個
商品コード SOC15BW1
販売価格(税込) 1,944
在庫 ×
関連カテゴリ:
シングルオリジンセレクション
申し訳ございませんが、在庫がなくご注文いただけません。

生産国:ブルンジ共和国

ブルンジ共和国は中央アフリカのほぼ中心に位置し、人口約1,000万人、国土面積は北海道の3分の1程度の小さな国です。
国土の大部分が標高2,000mの高地が占めています。南緯3度と赤道に近いため気候は熱帯に属しますが、国土全体の標高が高いため比較的涼しく、年間を通して平均気温は18度と穏やかですごしやすい気候になっています。
歴史的には、1930年代、当時宗主国であったベルギー人がブルンジにコーヒーの苗木を持ち込み、栽培を開始したといわれています。
今では、コーヒーは同国輸出品目の金額トップを占めており、国を支えていく上で欠かせないものになっています。

ブルンジ・コーヒー事情
コーヒーの栽培エリアはブルンジ全土に広がっていますが、その大部分は国土の北部に集中しています。
ブルンジのコーヒー年間生産量は15,000トン程度で、2020年には今の2倍、30,000トンを目標に国を挙げて品種は変えずに新しい樹への植え替えが進められています。
ブラジルのような大規模農園はほとんどなく、コーヒー生産は600,000軒にのぼる小規模農家によって支えられています。
ブルンジは2012年にアフリカではルワンダに続いて2カ国目となるCOE(Cup of Excellence: カップ・オブ・エクセレンス)の開催国となるなど、近年注目を集めている、まさに新進気鋭のコーヒー生産国です。

農園情報

農園情報

商品情報

生豆生産国
ブルンジ共和国
状態
豆タイプ
煎り方
やや深煎り
内容量
200g × 1個
保存方法
高温多湿をさけて保存し、開封後はお早めにご賞味ください。
賞味期間
製造日から6ヵ月

フレーバー

香り/フレーバー
ジャスミン、ブラックティー、カシス
味わいの特徴
華やかな香りとなめらかな質感
アフターテイスト
カシスのような風味を伴った甘酸っぱい余韻

農園情報

農園情報

農園情報

農園情報

農園情報

エリア情報

今回ご紹介するロットは、ブルンジ北部、ルワンダと国境を接するンゴジ(Ngozi)エリアで収穫され、同エリアにあるムブガ・ウォッシングステーション(Mubuga Coffee Washing Station:以下ムブガCWS)で精選されたロットです。
ムブガCWSは標高約1,600mに位置し、周辺の約2,500軒の農家から収穫されたコーヒーチェリーが持ち込まれています。
ムブガCWSのあるンゴジエリアは、ブルンジ国内でコーヒー生産が最も盛んなエリアです。

ムブガCWSでは、果肉除去や水洗処理など精選時に発生する排水を三段階の貯水槽で段階的に処理する環境に配慮した取り組みを行っています。
各貯水槽とも小石、炭、石灰石等によって浄化が進められ、例えば果肉除去で発生した排水は全貯水槽を通過し、クリーンな水へと浄化処理を行います。
また、汚染状況の低い水は最後の貯水槽のみを通過するようにすることで浄化設備の稼働効率を高めています。
ムブガCWSは環境にも配慮したコーヒー生産を目指す、サステイナブルなウォッシングステーションです。

調達担当者 現地レポート

調達担当者 現地レポート

同国のコーヒーは、「昔ながらのブルボン種」、「栽培標高」、「肥沃な土壌とマイクロクライメイト」だけでは語れません。
生産者は真っ赤に熟したコーヒーチェリーを、国内に150以上ある近隣の「Washing Station」に持ち込みます。
そこからが、Washing Stationの腕の見せ所です。同国のWashing Stationは農協系が半数以上を占め、残りは民間系企業が運営しています。
生産者が持ち込んだ真っ赤なコーヒーチェリーは、まず受け入れ時に比重によるランク分けがなされます。
そして発酵工程中のpH計測、アフリカンベットでの天日乾燥と乾燥途中の手選別など、高品質のコーヒー作りには妥協が許されません。
厳格な品質管理の下、作られたFully Washed Coffeeは、酸味が比較的穏やかで、甘味を伴い、時に紅茶やチョコレート様のフレーバーが認められ、エチオピアWashedとも類似した香味が特徴的です。